元バントマンからアボカド農家へ転身!関根邦仁(OZ ナツキ)って何者?【爆報ザフライデー】

1月24日19時より放送される『爆報!THEフライデー』では、

元人気ヴィジュアル系バンドのボーカルから大転身!

現在では家業の大農園を継ぎ、今話題のある食べ物を作っている

関根邦仁さんが登場!

この記事では、関根邦仁さんのプロフィールから経歴

気になる農園や作っている作物

農家への転職理由、美人な奥さんについても調べてみました!

それでは、見ていきましょう!

スポンサードリンク

関根邦仁のプロフィールや経歴は?

https://jyouhou-depot.com/

生年月日 1月1日

出身地 新潟県

以前はインディーズ系のビジュアルバンドのメンバーとして活動してい
ます。

バンドのグループ名は、OZ(オズ)で2004年12月に結成され

2013年6月16日の渋谷でのワンマンツアーファイナルをもって解散しました。

その解散理由は

メンバー各自の音楽活動と人生のための前向きな決断!

として発表されています。

突然、バントマンから農家になった関根さんですが

農家へ転身した理由は何だったのでしょうか?

関根邦仁さんが農家になった理由は?

関根さんはバンド活動を始めた時から

辞めたら家業である農家を継ぐと父緒と約束しています。

もともとは米や桃、きのこなどを中心に栽培していましたが、

関根邦仁さんが家業を継いでからは

アボカドメインで栽培をするようになりました。

というのも、

気候の変化で桃などの果実が生産できなくなると感じ

アボカドの生産に着手したようです。

その後、3年も歳月をかけ国内でのアボカドの生産に成功しています。

現在では40種類を超えるアボカドを栽培し、

「雪国アボカド」を生産しました。

アボカドに関しては、関根邦仁さんが行っているようですね!

一から国産アボカドを生産したパイオニアである関根さん。

そんな、関根さんが生み出した「雪国アボカド」とは何でしょうか?

雪国アボカドとは??

関根さんのご実家である「せきね農園」では、

2015年よりアボカドの栽培に挑戦し

2018年より販売を開始しています。

日本で、販売されているアボカドはほぼ全てが海外からの輸入です。

しかも、そのほとんどが「ハス」という品種で、

世界にある何千品種ものアボカドの中で1品だけだそうです。

国内の温暖な地域では、

徐々に栽培が開始されていますが多くの農家では思考錯誤の状態だそうです。

そんな中でせきね農園では、

国内アボカドの先駆者として生産を始め

見事国内産のアボカドを生産しています!

熱帯のイメージが強いアボカドですが、

関根さんのご実家のある新潟の寒さの仲でも

暖房機を使ったハウス栽培では可能。

雪や風、寒さに弱いアボカドをハウスで栽培することで

品質が優れた美味しい果実が生産できるようです。

「雪国アボカド」は他のアボカドと

味も大きさも全く異なるため

ブランド化されているようですね!

関根邦仁の奥さんが美人過ぎる!?

関根さんの奥さんであるあかねさんは、

関根さんのご実家のせきね農園を手伝っているようです。

また、『青空レストラン』にもご出演されています!

どんな料理を作られてのか気になります。

ともかく、元ヴィジュアル系バントをされていた関根さんですが

奥さんは清楚系の美人さんでした!

まとめ

今回は関根邦仁さんのプロフィールや経歴をはじめ

関根さんのご実家であるせきね農園や雪国アボカドについて

まとめてみました。

今後のご活躍が楽しみな農家でしたね!

更なる躍進を期待しましょう!

スポンサーリンク
スポンサードリンク