【ツッコまない芸人】ぺこぱのM-1成績や決勝ネタ、気になる芸風も【ダウンタウンDX】

トレンド

1月30日22時より放送される日テレ『ダウンタウンDX』では、

ツッコまない次世代芸人ぺこぱが登場!

2019年のM-1グランプリ決勝進出と共に注目を浴びるぺこぱ!

 

今回はぺこぱの松陰寺太勇さんとシュウペイさんのプロフィール

芸風やM-1ネタ、経歴や結成理由についてもまとめていきます!

それでは、見ていきましょう!

 

スポンサードリンク

 

ツッコまない芸人!ぺこぱってどんなコンビ?

クリストフのトレンドブログ
芸能・お笑い・野球・時事問題を取り扱います

 

ぺこぱはツッコミ担当の松陰寺太勇さんとボケ担当のシュウペイさんから成る

サンミュージックプロダクション所属のお笑いコンビです。

 

ぺこぱは2008年にコンビを結成し

2019年にはM-1グランプリで決勝まで進んでいます。

 

ですが、松陰寺さんはかつては「キザ芸人」と称され着物姿で

ローラーシューズを履き、舞台を動き回るパフォーマンスを行っていました。

現代でいう、キスマイの芸人版のような感じですね(笑)

 

その後、着物ではなくスーツを着るようになり

正統派漫才からヒップホップ漫才をするなど思考錯誤を重ね

 

2018年にはシュウペイさんのボケに対し

松陰寺さんがキザキャラのまま勿体ぶった言い回しで理解するという

ツッコまない芸風になったそうです(笑)

 

M-1グランプリで決勝に進出したネタはこちら

 

気になる方はこちらから見てみてくださいね!

 

シュウペイさんのプロフィール!

ジェイタメ | エンタメはエネルギー
エンタメはエネルギー 芸能界と芸能ファンを応援する芸能情報サイト。 子役、ティーン、イケメン、ジャニーズ、舞台、戦隊ネタ満載。

 

本名    成田秀平(なりたしゅうへい)

出身地   神奈川県横浜市

血液型   A型

身長    180㎝

体重    70㎏

最終学歴  麻布大学付属渕野辺高校

立ち位置  ボケ担当

趣味    格闘技やサッカーなどのスポーツ観戦

資格    小型船舶操縦免許

 

今の芸風からは考えられませんが、

かつてはシュウペイさんがツッコミを担当していたようです!

 

ですが、M-1での成績が悪く、

シュウペイがボケに回ってからM-1の成績が良くなったため

「こんなやつがツッコめるわけないもんね」と言われてしまったことがあるようですよ(笑)

 

松陰寺太勇さんの本名やプロフィールは?

Yahoo!ニュース
Yahoo!ニュースは、新聞・通信社が配信するニュースのほか、映像、雑誌や個人の書き手が執筆する記事など多種多様なニュースを掲載しています。

 

本名    松井勇太(まついゆうた)

出身地   山口県光市

血液型   O型

身長    170㎝

体重    70㎏

立ち位置  ツッコミ担当、ネタの作成

趣味    野球観戦(千葉ロッテマリーンズのファン)

      ニュース、日本史(幕末)

特技    自転車

最終学歴  キャットミュージックカレッジ専門学校

      (サウンドエンジニア専攻)

 

松陰寺太勇(しょういんじたいゆう)さんの

本名は松井勇太(まついゆうた)さんでしたね!

山口県の出身であることから、

松陰寺という苗字が本名かと思いました(笑)

 

また芸名の太勇本名の勇太を逆にしたようです。

 

松陰寺さんが芸名を「松陰寺」にしたのは

「売れる芸人の名前には『ん』がつく」というジンクスを信じたからだそうです(笑)

 

松陰寺さんとシュウペイさんがコンビを結成した理由は?

 

松陰寺さんは芸人になる前はミュージシャンを目指していたようです!

そのため、山口県立光丘高等学校を卒業すると

大阪のレコーディング専門学校に進学しています。

 

専門学校では、サウンドミュージックを学び

その後上京するとバンドマンとして活動した松陰寺さんでしたが、

自分と他とレベルが全く違うと感じたようです。

 

バンドマン活動に限界が見えつつあるなかで、

「エンタの神様」を見ているうち「イケるんじゃないか…」と思い

ピンで芸人として「松井祭」で活動するようになりました!

 

エンタの神様をみて、実際の芸人になっちゃう辺り

すごすぎますよね!!!

 

その後、シュウペイさんに将来何がやりたいか聞いたところ

「伝説を作りたい」と言われたのを松陰寺さんが気に入り、

コンビを組むことを提案したようです。

 

ですが、松陰寺さんのピン芸人としてのライブが

あまり面白くないことからシュウペイさんは断り続けています(笑)

 

ですが、松陰寺さんのが約半年間誘いに折れ、ついにコンビを結成。

 

当時の芸名は「先輩×後輩」(せんぱいこうはい)に決定しました。

 

というのも、

松陰寺さんが「売れる芸人の名前には『ん』がつく」というジンクスを

信じていたことから決まったようです(笑)

 

さすがに、ジンクス信じすぎですよね(笑)

 

ですが、現在のコンビ名はぺこぱ!(笑)

「ん」が入っていないのでジンクス崩壊です(笑)(笑)

 

ちなみに「ぺこぱ」は韓国語でお腹が空いたという意味があり

可愛い印象を持たせるため平仮名にし、

「いつまでもハングリー精神を」という意味を持たせたことが芸名の由来だそうです。

 

これまでの成績や経歴は?

2010年     オスカープロモーションに移籍

2012年     ピップポップ漫才

2013年     松陰寺さんが教師を務める漫才

2013年9月   芸名を「ぺこぱ」に改名

2014年末頃  「キザ芸人」と称して着物姿で、ローラーシューズで舞台上を動き回る

2015年     NHKBSプレミアムで8週にわたる

        若手漫才師合宿で1組ずつ削れる番組、

爆笑ファクトリーハウス笑いけずりで最終週まで生き残り3位となる

 

2016年    初の単独ライブ『風~KAZE~』を開催

2018年    現在のネタを完成させM-1グランプリ決勝進出

2019年    『おもしろ荘』に出演。

 

M-1グランプリには結成11年目、出場7回目にして、初の決勝進出を決めています。

決勝ラウンドでは「ツッコミ方改革」のキャッチフレーズで最終組として登場し

 

松本人志さんからは

「ノリ突っ込まないボケという新しいジャンルを切り開いた」

と評価されました。

 

さらに、優勝候補の一角である和牛を退け、

サンミュージックプロダクション所属のタレントとして初の最終決戦に進出しています。

 

最終決戦では、ミルクボーイが7票中6票を獲得して優勝した一方、

ぺこぱは1票も得られず3位に終わるが

各審査員がここ数年で最もレベルが高い戦いだったと絶賛しています。

 

M-1グランプリでの成績

2009年(第9回)  2回戦進出

2010年(第10回)  3回戦進出

2015年(第11回)  2回戦進出

2016年(第12回)  3回戦進出

2017年(第13回)    2回戦進出

2018年(第14回)    準決勝進出

2019年(第15回)  決勝進出

 

まとめ

今回はぺこぱの松陰寺さんやシュウペイさんのプロフィールや

M-1グランプリの様子、ネタや芸風、成績や経歴などについてもまとめてみましたが

いかがだったでしょうか?

今までとは違うツッコまない芸風に今後も注目が集まりそうですね!

更なる成長が楽しみです!

今後のご活躍を期待しましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました