【画像】大澤紀代美(横振り刺繡職人)の作品や値段、経歴や購入方法も【ザワつく!金曜日】

2月7日19時より放送される日本テレビ『ザワつく!金曜日』では、

ミシンを自在に操る「刺繍職人」の大澤紀代美さんがうみ出した数々の作品が登場しています!

その技はまさに伝統技!!動物から肖像まで…まるで絵画のような作品にスタジオも大興奮です!

この記事では、絵画のような刺繡アートをうみ出す

大澤紀代美さんのプロフィールや経歴をはじめ、

作品の値段や購入方法、アトリエの場所についての調べていきます!

それでは、見ていきましょう!

スポンサードリンク

大澤紀代美さんのプロフィール

http://yuko-wa-yuya.hatenablog.com/

名前   大澤紀代美(おおさわきよみ)

生年月日 1940年2月14日

出身地  群馬県桐生市

職業  刺繡職人

群馬県桐生市に生まれた大澤紀代美さんは、

刺繡職人としてご活躍されている傍ら、

桐生刺繍商工業協同組合の理事相談役桐生繊維大学講師

群馬県伝統工芸士など

現代の名工として多岐にわたりご活躍されています!

現在、80歳になられる大澤紀代美さんですが

若者の育成を中心に作品づくりに取り組まれいるようです!

若々しく年齢を感じさせませんね!とても素敵です!!

これまでの経歴は?

横振り刺繡職人の大澤紀代美さんは

1940年に群馬県桐生市で誕生されました。

将来は画家になることを志望していた大澤さんですが、

偶然”横振り刺繍”に出逢い、「針」が筆に「糸」が絵具に感じたことから

刺繡職人になることを決意されています。

大澤さんのうみ出す刺繡アートはまるで絵画のようですよね!

若かりし頃の大澤さんも横振り刺繡の

絵画のようにな美しさに魅了されたに違いありません!

1959年に刺繍業を始めると受注が増加、

大澤さんの父である大澤藤三郎を代表として有限会社を設立しました。

ですが、1972年に突然父の逝去したことから会社を解散。

その後、作家活動に専念するも大澤さんの体調が悪化してしまいます。

1973年には視力に異常をきたし群馬大学病院眼科へ入院、

2年半におよぶ闘病生活のすえ片目失明されてしましました。

そんな逆境に立たされてもなお、

大澤さんは1975年に横振り刺繍業界初の個展を開催。

以降、国内各地にて個展と講演会を開催すると

1987年にはアパレル業界からの要請を受け

コレクション刺繍部門担当にも抜擢されました!

さらにそれだけでなく、東京、パリ、ニューヨークコレクションを始め、

国内外のハイブランド刺繍担当として活躍されています!

まさに、世界を魅了した刺繡職人です!

現在でも、数々のブランドを受け持ちながら

若手人材育成を継続しているとのこと。

逆境にも負けない精神もそうですが、

現役で仕事を続けられているところが素敵ですね!

大澤紀代美さんの作品をご紹介!値段や購入方法も!

大澤紀代美さんの作品は絵画のように見えることが特徴ですが、

その作品はすべて糸により生み出されています。

その刺繡技術は横振り刺繡と呼ばれる桐生の伝統工芸

糸、一本一本をミシンでつむぎあげ

一つの作品を完成させているようです。

詳しくはこちらから見てください。

作業工程を見ることができます!

ご興味がある方は是非、横振り刺繡の素晴らしさを感じてみてくださいね!

大澤紀代美さんの作品!

https://atelier-kiyomi.jp/

https://atelier-kiyomi.jp/

https://atelier-kiyomi.jp/

どれも刺繡には思えませんよね!

本当に絵画のようです!

とても美しく

これを糸を使い、

ミシンで作り上げているなんて考えられませんよね!

ご購入や値段

ちなみに、お見積もりのご依頼やご相談、サイトの運営などは

株式会社ユニマークさんが行っているようです。

ご依頼等はこちらへ連絡してみてください!

特販営業部 TEL:0277-52-3835

サイトからの購入も株式会社ユニマークさんが担当されています!

価格については大きさなどで値段が異なるため

一度、連絡してみるのもいいかもしれません。

私が調べてた限りでは5万から15万はするようです。

気になる方はお電話で相談してみてくださいね。

アートギャラリーの場所はどこ?

店名  アトリエきよみ

代表者 大澤紀代美

住所  群馬県桐生市本町5丁目57 MARUKINビル2F(ししゅうギャラリー)

電話  0277-52-3835 

最寄駅 JR桐生駅 東武 新桐生駅

定休日 水曜定休(お問い合わせは平日のみ対応)

駐車場 なし

アートギャラリー見学は随時ご覧いただけますが、

水曜日は定休日となります。

遠方よりお越しの場合は、営業スケジュールを事前に確認してからの方がいいかもしれません。

まとめ

今回は横振り刺繡職人である大澤紀代美さんの

プロフィールや経歴をはじめ

作品や値段、その購入方法や工房の場所についても

まとめてみましたが

いかがだったでしょうか?

大澤紀代美さんの生き方が素晴らしかったですね!

逆境にも負けない精神がとても素敵です。

作品も見る者の心を動かすものばかり!

とても素敵でした!!

今後のご活躍も楽しみです!応援しています!

スポンサーリンク
スポンサードリンク




スポンサードリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサードリンク