唐揚げ&お米を高級店の味にする裏ワザを紹介!【林修の今でしょう!講座3時間SP】

1月28日19時より放送されるテレビ朝日『林修の今でしょう!講座3時間SP』では、

大好評の「今でしょ!クイズスクール」にて

家庭の唐揚げを簡単に名店の味に近づけるウラ技が登場しています!

その他にも、炊飯器にあるものを入れておくだけ

お米が料亭の銀シャリのような艶とふっくらした米になる方法も!

一体何を入れて炊いているのでしょうか?気になります!

そこで、この記事では林先生の『林修の今でしょう!講座』で紹介された

からあげとお米を高級店の味に変化させる方法をまとめていきます!

それでは、見ていきましょう!

スポンサードリンク

唐揚げを高級店の味にする方法を紹介

https://www.jtb.co.jp/

今回の放送では、

唐揚げの衣にあるものを付けて揚げるとサクサクの食感になる方法

明らかとなっています!

ひと手間を加えるだけで、プロの味になるなんて驚きですね!

唐揚げと言えば、子どもから大人まで大人気なおかずです。

少しの裏技で格段に味が変わるので是非試してみてください!

気になる作り方は?

普段作る唐揚げは

下味をつける→衣をつける→揚げる

の順に作っていきますよね!

ですが、サクサクの唐揚げをつけるためには

その衣をつける段階でを入れることが重要なようです!

衣で使う片栗粉と水の分量は2:1だまをつくるだけ!

めちゃくちゃ簡単です!!

これならご家庭でも簡単に試せますよね!

だまを作ることで中に空気が入りサクサクの唐揚げができるようです。

是非試してみたいですね!

もちろん、これまでの唐揚げの作り方と同じ

衣をつける際に片栗粉に2分の1の水を入れるだけです!

簡単です!

ジューシーな唐揚げの作り方は?

カリカリの唐揚げの他にも、ジューシーな唐揚げの作り方が登場しましたね!

その作り方は

火をつける前から油に入れる(冷たい油に入れる)だけのようです!

温度が低い段階から唐揚げをいれることで

唐揚げをよりジューシーになるようです!

こちらのほうも是非お試してみてくださいね!

肉がかたくなる60~70℃の温度をゆっくり温度とあげることで

ジューシーになるようですよ!

家庭で炊いたお米が高級米の味に変化するレシピを紹介

https://www.olive-hitomawashi.com/

今回は唐揚げに続き炊飯器にあるものを入れておくだけ

お米が料亭の銀シャリのような艶とふっくらした米になる方法

がご紹介されています。

なんと、

ごはんを艶やかにするあるものは

はちみつです!!!

いつもの炊き方ではちみつをいれるだけ簡単すぎますよね!

パンやヨーグルトにかけるハチミツをご飯に入れるなんて驚きました!!

ちょっと挑戦しづらいですよね。

ですが、蜂蜜をいれても味は変わりません!

そればかりか、さらにおいしくなるようです!!!

蜂蜜には保水効果があり、グルコースという物質が水分を保ち

お米の中の水分がキープされることがつやを保ち美味しくなる要因のようですよ!

冷たい御飯も美味しくなるようです!

是非、試してみてくださいね!

ちなみに、お米2号にハチミツ大さじ1杯の分量がいいそうです!

まとめ

今回は林先生の『林修の今でしょう講座』でご紹介された

炊飯器にあるものを入れるだけでふっくらとなるあるもの

唐揚げの衣にあるものを付けて揚げるとサクサクの食感になる方法をまとめましたが

いかがだったでしょうか?

どれも簡単な方法なのでご家庭でもできそうでしたね!

ご興味がある方は是非、挑戦してみてくださいね!

私も挑戦してみようと思います!

スポンサーリンク
スポンサードリンク




スポンサードリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサードリンク