絶景イルミネーション!あしかがフラワーパークのすすめ

どうもことみです。

だんだん風が冷たくなり、秋の到来もまじかですね。今回は秋へむけた足利フラワーパーク内の絶景イルミネーションについてお話ししたいと思います。

藤の花が有名なあしかがフラワーパークの美しさは春だけに留まらず、秋から冬にかけて行われるイルミネーションもまた壮観です。

あしかがフラワーパークとは?

栃木県足利市にあるあしかがフラワーパークは日本一有名な藤が咲く公園です。

大藤と呼ばれる4本の藤と80メートルにもなる白藤によって作られたトンネルが天然記念物に指定されています。

あしかがフラワーパークでは、1年が8つのテーマに分けられ季節に合った花々を眺めることができ、早春の春の到来を告げるボタンの開花に始まり、園内を覆うイルミネーションで完結する構成となっています。そのなかでも、藤の花が咲き誇るふじのはな物語とイルミネーションは特に人気があり、多くの人々を魅了しています。

10月下旬から見ることができるイルミネーションは日本3大イルミネーションに選抜されるほどの大人気スポットです!

私も実際に行ったことがありますが、着いて早々思ったのが“寒い!”の一言でした。

まさに風が冷たく刺さるような寒さです。多くの人が足を運んでいるので駐車場を探すのも一苦労。近くの駐車場は満員ということもあり、少し離れた場所に停め、フラワーパークまで歩きました。群馬県と隣接していることもあり、空っ風に襲われて居ても立っても居られない寒さです。歩いている最中もが風が冷たく、少しつらかったので防寒対策をしっかりすることをおススメします!

出典:あしかがフラワーパーク[公式]より

一方、あしかがフラワーパークに着き入場すると、一面にライトアップされた草花が出迎えてくれます。一言で表すとまさに夢の国です!私自身、初めていったのでディズニーランドにいったような感覚でした!

湖面に映し出されるイルミネーションもまた幻想的で敷地内を回るだけでとても楽しい場所となっています。敷地自体がとても広く、コンセプトに合わせた装飾がされているので全く飽きません!写真をとることができるスポットがあったりと、見るだけではなく体験することもできます。

夜間ということもあり、カップル同士で来られた方やお友達と一緒に訪れた方が多い印象でした。もちろん、ご家族どうしてイルミネーションを楽しみながら子どもの写真を撮っている方も見受けられたりと様々な年代の方が楽しめるスポットとなっています!

絶景イルミネーション

三大イルミネーションに選ばれるだけではなく、3年連続でイルミネーションランキング1位に輝くなど多くの人を魅了しているあしかがフラワーパークでは、94,000m²もの敷地内のなかで500万球を超える装飾が施されています。

奇蹟の大藤

なかでも、私の目を引いたのが藤の花がライトアップされた奇蹟の大藤です!頭上一面に広がる藤が様々な色の光に変化しながら迎えてくれます。星空とはまた違う、頭上で手が届きそうな光の数々がとても幻想的でした!小さな光が散りばめられ、大きな輝きをうみ出す藤を基調としたイルミネーションは息をのむような美しさですよ。一面に広がる藤の花と共に素敵な時間を過ごしてみてください。

ピラミット

一際、存在感を漂わせる漂わせるピラミットは多くの人の目を引きます。その大きさももちろんですが、湖面に移るピラミットもまた素敵でした!様々な大きさのピラミットがあるので、是非みてくださいね!なかには、縦長のピラミット型イルミネーションがあり、なかを通ることができるものもありますよ!是非、探してみてくださいね!

光の睡蓮

水面を鮮やかに彩る睡蓮はとても可愛らしく、辺りをほんわりと照らしていました。まるでおとぎ話に出てきそうです。こちらの写真では一部ですが、湖面全体に広がっていてとても華やかでした!まるで妖精が集まってきそうな柔らかい光が湖面を照らしてます。

フラワーパークということもあり、花を用いたイルミネーションがたくさんありますよ!この他にも、丸みを帯びた花びらのイルミネーションがあったりと見ていて飽きません。是非、再現性の高い睡蓮やお花をモチーフにしたイルミネーションを見てみて下さい!とても可愛く輝いていますよ!

今回、ご紹介したのはほんの一部です!実際に行ってみると夢の国のような輝きが待っていますよ。どのイルミネーションもスケールが大きく目を引きます。是非、ご自分の目で確かめてみてくださいね。

ルミネーションを楽しむ3つのポイント

①寒さ対策をしっかり行う

私があしかがフラワーパークのイルミネーションを見に行ったのは12月中旬です。雪は降ってはいませんでしたが、現地に着くと冷たい刺さるような風が体温を奪います。イルミネーション自体が室外で行われているので、防寒対策を行わなければ数時間いるのは難しいです。

おススメの服装:ダウンまたは厚手のコート、ヒートテックなどインナーを着た暖かい格好、手袋、マフラー、耳当ての着用、足元も冷たくなるので女性の方はヒールなど肌が見えるものは避けた方がいいかもしれません。

注意:天候および季節に差が生じるため、あくまでも参考程度にしてください。

②写真は一眼レフカメラで

やはり、夜間ということもあり外は暗いです。私自身iPhoneのカメラで撮影しましたが、イルミネーションをうまく撮影することができませんでした。イルミネーションの写真を撮るのであれば、高画質な一眼レフカメラの方が適していると思います。

③イルミネーションを見ながらの食事

あしかがフラワーパークには、軽い飲食店が併設されています。混雑している場合もありますが、イルミネーションを見ながらの食事はお洒落ですね。なかなか、味わえない経験です。光で彩られた園内を見渡しながら、食事をするのも楽しいですよ。

まとめ

今回は栃木県にあるあしかがフラワーパーク内の絶景イルミネーションについてご紹介しました。ですが、これらはあくまでも一部の写真です。園内に入ると圧倒的なイルミネーションの数々があなたを出迎えてくれます。

ライトアップされた彩り豊かなイルミネーションはあなたの心を魅了すること間違いなしです。是非、一度三大イルミネーションに数えられるあしかがフラワーパークへ足を運んでみてはいかがでしょうか。何百万もの光の数々が園内を彩ります。

アクセス情報

場所 栃木県足利市追間町607

スポンサーリンク
スポンサードリンク